洗顔と入浴

クリーム

オトナニキビの特徴は、何と言っても、顔だけでなく体にも出来てしまうということ。
青少年のニキビは、オデコや頬が多かったのに、顎や首筋、肩、背、胸など出来る部位が下におりてくるのが特徴のひとつです。
したがって、ニキビ改善のためには、顔を洗うこと、そして体を洗うことが重要な役割を占めることになります。そして、洗顔と入浴の方法に気をつけ、ちょっとした工夫をするだけで、ニキビ改善を行うことが出来ると言われているのです。

例えば、一番大事なのは、何と言っても「優しく洗う」ということです。
顔や体をガシガシとこすりまくって、皮脂のすべてを洗い流してしまうと、顔と体をコーティングする「皮脂膜」がなくなってしまって、バイキンなどから無防備な体を作ってしまうことになります。
ガシガシ洗わず、優しく撫でるように洗うこと。これが、適度な清潔さを保つコツだといえるでしょう。

また、シャワーではなく浴槽に浸かって入浴するということも、ニキビ改善には欠かせない工夫です。
「忙しいから」「楽だから」とシャワーをつかって洗顔や入浴を済ませてしまう人も多いかもしれませんが、実はシャワーはニキビ改善にはあまりよろしくないものなのです。
例えば、洗顔。洗顔料を顔に塗り、シャワーに直接顔を当てて洗っている人も多いでしょうが、これはNGです。
というのも、シャワーの水圧というのは皮膚を根こそぎ取り去ってしまうパワーを持っていて、それほど水圧が激しいとは感じないものでも、実は皮脂を弾き飛ばしてしまっているのです。
洗顔するときには、お湯を手ですくって洗うというのが、やはり優しくて良いようです。

また、浴槽に浸かって入浴するということは、リラックス効果があります。浴槽に浸からなければストレスなどでホルモンバランスが崩れ、ニキビの原因になることもあります。
お風呂にゆっくりと浸かって疲れを癒やすということが、ニキビ改善の方法のひとつと言えるのです。