ニキビとは何か?

鏡で顔をチェックする女性

ニキビについて、医学的な呼び方は何かないかと探していたら、格好のものを見つけました。それは、「炎症性疾患」というものです。
つまり、ニキビとは皮膚上に出来た炎症。皮膚を組織している細胞などが傷ついてしまったことから、あのような状態になってしまうものなのです。
具体的には、この炎症を引き起こしているのは「アクネ菌」という名の細菌で、人の皮膚の表面近く、毛穴に発生する細菌として知られています。

青少年の頃、新陳代謝が活発だった頃、私たちの顔はすぐに健康的にテカテカに輝いたものでしたが、あれは皮脂という脂分が分泌されていたからです。
新陳代謝が健康的な皮脂の噴出に追いつかず、結果的に皮脂が毛穴に溜まってしまい、そこからアクネ菌が発生するというのが、青少年時代のニキビでした。
特に、顔で皮脂の噴出が盛んに行われていたので、少年たちの頬にニキビが出来やすかったのです。
新陳代謝のスピードと、皮脂の噴出のスピードのバランスが、青年期から中年期にかけておさまってくると、もう少年時代のようにアクネ菌がしょっちゅう皮膚に炎症を起こさせるようなことはなくなります。
私たちの肌は、そうやって平穏を迎えるはずなのです。

ただ、それにもかかわらず、オトナになってもニキビが出来続けてしまうという人がいます。顔だけではなく、首や肩、胸や背中といった部分にも出来るようになるところに特徴があります。
これらのニキビも、青春のシンボルのように、皮脂と新陳代謝の追いかけっこによるものなのでしょうか?
この「?」に対する答えは「NO」です。そうではありません。いわゆるオトナニキビは、原因は確かにアクネ菌によるものですが、理由は少年時代のそれとはちがっているのです。
例えば、オトナニキビの原因として挙げられるのは、皮膚の乾燥や新陳代謝のパワーの低下、ホルモンバランスが崩れたことなどです。

つまり、オトナになってからのニキビ改善は、これらの原因に対応するものであれば良いわけです。例えば、肌の乾燥が原因でニキビが出来てしまったという人のニキビ改善方法は、乾燥肌をケアすること。そういうふうに言えるのです。