自分で出来る肌ケア

頬を指さしOKと身振りする女性

「化粧水」という単語を見たとき、「オトコっぽさ」を異常に誇示したがる青少年じゃなくても、ちょっとした抵抗感を覚えてしまうのは仕方のないことであると言えます。
男だから、化粧水は使わない。そんな気持ちで、この文章を読む人も多いでしょうが、ニキビ改善をしっかり考えたいのであれば、「化粧水」についても、しっかりと知っているべきでしょう。

男性の中には「化粧水」という名前だけで何だか決めつけてしまったような気分になって、あまりその中身について知らない人も多いようですが、化粧水とはファンデーションとは違います。
化粧水を塗っても、顔は白くありません。化粧水は、「化粧」という字が入っているものの、どちらかと言えば下地づくりのために使われるアイテムなのです。
その大きな役割は、化粧が乗りやすいように肌を作ること。具体的に言えば、保湿を行うことにあります。

「保湿」は、特にお肌の乾燥によってニキビが出来てしまう人に必要なことであり、そのためのケア用品として化粧水が存在しているのです。
お肌を保湿しなければならないのは、お肌に向かってくるさまざまな刺激性の成分への抵抗力を保つためでもあります。潤いとともに、紫外線などへの抵抗力が、お肌には付くのです。
つまり、化粧水は乾燥肌を助けるニキビ改善のアイテムであるというわけなのです。